おすすめの本

20代のときに勉強したかった『FIRE 最強の早期リタイア術』

どうも、こんちは!てんむすです。

今日は、夢のFIRE(ファイヤー)です。

『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド』という本を読みました。

FIREとは、一言で言えば、労働から開放される早期リタイア、って感じでしょうか。

英語で見たほうが、意味はわかりやすいかも

FIRE⇨ Financial Independence, Retire Early

金銭的に、独立して、リタイア、早く みたいな感じ?

話変わりますが、ぼくは「ファイヤー」と言われて、真っ先に『ぷよぷよ』を思い出しました。

 

てんむす
てんむす
ファイヤー、アイスストーム、ダイヤキュート、ブレインダムド、じゅげむ、ばよえーん、ばよえーん、ばよえーん、ばよえーん・・・

 

高校のときには、むちゃくちゃ『ぷよぷよ』をやりこみました。でもどう頑張っても17連鎖が限界でしたね。(たしか理論上は19連鎖が最高のはず、ぷよぷよ2だと)

ゲームは子供の頃から、ずーーーっと大好きで、ずーーーーーっとやってきだけど、やりこんで極めるような才能は、ぼくには無いのよね。

この本が言っていること

さてさて、本題に戻ります。
この本のミソは、

とにかくお金を投資(株式と債券)にまわせ。

投資の利回りで生活費がまかなえるようになれば、働く必要がなくなる。

という点です。

例えば年利4%を、投資の配当金で受け取れるとすると、5,000万円の投資で年200万円入ってきます。1億円なら年400万円になりますね。

そして生活費を、この収入以内に抑えて生活すれば、働かなくても良いことになります。これがFinancial Independenceですね。

著者は30代で早々にリタイヤして、働かずに世界を旅して暮らしていたそうな。

「ちょっと待て、5,000万円とか無理だろ」って、「ましてや1億円なんて・・・」ってなると思いますが、、、、ぼくも難しいと思います。。。

(ちなみに著者は高給取りで年収1,200万円くらいあったとの噂です。)

完全なFIREは、ちょっとレベルが高いですが、サイドFIREというのも有るらしいです。

投資の利回りで収入を得つつ、そこそこ働けばいいじゃん、っていうスタイルのこと。

投資の配当金を受け取りつつ、週に数日しか働かないみたいなパートタイマー的な働き方ですね。これなら、できるかもなー。

いずれにしても、投資にぶっこめということですね。

金融リテラシーって重要だけど、誰も教えてくれない

ぼくも、さいきんまで金融リテラシーが、超低かったので、自分には関係ない別世界の話と思っていましたが、年利4%って実はすごいんです。

金融庁のサイトで、資産運用シュミレーションができるページがあります。

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

たとえば毎月5万円を、10年間積み立てるとします。

10年間で積み立てた金額はトータルで600万円なのだだけど、利回り4%があると736.2万円になるっちゅーことです。

すごいので、試しにやってみてください。

こういうの、もっと若い時に知りたかったわー。

当時は残念ながら、こんな知識をもっている人はまわりにいなかったし、気づかせてくれるようなイベントもなかった。

投資ってハイリスクなギャンブルだと思ってたのもよくないね、そこをスタートに学ばなければ心にひびかなかったかも、おバカさん。

高度成長期からバブルの時代までだと、銀行貯金の利子が6%とか8%とかいう時代もあったみたいですね。

そういう時代は貯金がノーリスクで、ハイリターンな投資だったので、何も考えず銀行にお金を放り込んでおけば良かったのでしょうが、今は銀行に預けるのは、お金が死んでる状態だということです。

 

てんむす
てんむす
は~、リタイアしたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です