PCまわり

【レビュー】XP-PEN Deco Pro MW 開封の儀

どうもこんちは。てんむすです。

とつぜんペンタブレットが欲しくなって「XP-PEN Deco Pro MW」を買っちゃいました。

ちなみに、ぼくが買い物をするとき、心に刻んでいる言葉があります。

「電化製品を買うときは”一番新しくて”、”一番いいやつ”を買え」

です。

うちの母がそう言っていました。

40歳を過ぎても母の言いつけを守って、一番よさげなものを買いました、知らんけど。

液タブと板タブ

ペンタブレットには液晶のついた「液タブ」と、液晶のついていない「板タブ」があります。

後者の「板タブ」って呼び方、液晶と比較して”板っぽい”からだと思うけど、この表現がいかにもネット文化っぽくて、なんか好き。

ペンタブは初めてなので、買う前にいろいろと調べましたが、「液タブ」か「板タブ」かは、以下の基準できめると良いようです。

  • 手元を確認しながらお絵かきしたい人は「液タブ」
  • 手元を気にしない人は「板タブ」

ちなみに液タブの方が、液晶がついているので値段が高いです。

ぼくがしたかったのは、こまかな絵を描くわけではなく、「画像にメモを書き込んだり」、「説明用に図を書きたい」、ということ、ただそれだけ。

特に、当ブログはガジェットのレビューなどで説明する機会が多いのですが、「わかりやすい図」をつくるのに手間がかかるのです。

手書きで注釈入れられたら楽じゃない?

と思い始め、気がついたらAmazonでポチっていました。

ぼくは絵は描きませんが、上手に描ける人がうらやましいです。

自身は、高校生のときに才能が無いことに気づきました。

高校に通っていたころ「絵が上手くなりたい」と思い「美術部」に入りました。

部活動では、ゲームの「ぷよぷよ」で大型連鎖を作ることに日々精進。

しかし、一向に絵は上手くならなかった。(そりゃそうだ)

それ以来、絵を描くのは諦めました。

XP-PEN社のDeco Pro MWは一番いい

ペンタブは「ワコム社」が世界で9割のシェアで、残りのシェア1割を「XP-PEN社」が占めているらしいです。

世界一位のワコム社は日本の企業です。

「日本が大好きな日本人」としてたいへん嬉しく思っています。

とかいいながら、中国企業の「XP-PEN」製品を買っちゃったのだけど。

このXP-PEN社は、もともと台湾企業が日本で立ち上げがブランドで、いまは中国企業の傘下。

ぼくのニーズとしては、つねに使うわけではなく、出したり閉まったりするので、取り回しの良いワイヤレスにしました。

大きさについても検討の結果、広く使えた方がいいだろうということで大きめのやつ。

そして、筆跡の感度が良さそうなものにしたらDeco Pro MWになりました。

発売されたのは2021年7月で、まだ売り出されて3ヶ月しかたっていないピッカピカの最新機種です。

”一番新しく”て、”一番いいやつ”、それが Deco Pro MWでした。

お値段は16,500円と、けっこういい値段しますね。

スペック

板タブのスペックとしては「筆圧をどのくらい感知するか」「作業領域の大きさ」くらいです。

Deco Pro MWの筆圧の感度は、8,192レベルで、現在売られている中で最高レベル

作業領域の大きさは、使う場所や、個人の好みによります。

Deco Pro MWはかなり大きい部類です。

本体横ちょにショートカットの割り当てができる「8つのボタン」と、くりくり回せる「ホイール」がついていて、なんかかわいいです。

ペンタブを初めてつかう身からすると、気になるのは「ペンを走らせたときの描画のラグがどのくらいあるか?」という1点だけ。

ガジェットYoutuberディープブリザードさんのレビュー動画を見ると、ラグは少なめに見えました

リアルに紙に書くのと比較するとどうしても気になるけれど、きっと「慣れる」のでしょうね。

開封の儀

箱は高級感があります。

iPadを買って開封したときのようで、蓋がスキマなくはまっている。

スーッとゆっくり蓋を持ち上げて開ける感じがワクワクします。

本体は想定通りで、けっこうデカい。

A4ノートと比較してみるとこんな感じね。

そしてビックリするくらい薄い。まさに「板」。

川で水切りとかできそうです、まな板にも使えそう。

開封作業していると、うちの子が見に来てくれました。

箱の中に入っていたのは以下の通り。

<付属品>

  • 本体
  • USBケーブル(Type-C → Type-C)
  • USBケーブル(Type-A → Type-C)
  • USB変換コネクタ(Type-A → マイクロUSB)
  • ペン
  • USBレシーバ
  • 手袋
  • マニュアル類

開けた感想

手袋は薬指と小指だけを覆うタイプで、サテン生地っぽくテカテカ・つるつるしていて、なんかH(何と勘違いしている?)

ペンをしまう容器のイボイボは何のため?

マニュアルはちゃんと日本語がありました。

パソコンで使うことしか考えていませんでしたが、スマホやタブレットでも使えるようです。

マニュアル自体、そこそこの厚みがあるけれど、他の言語の説明がほとんどを占めるから、実質2ページくらい。

きっと販売元の製品ページにオンラインマニュアルがあるのだろうと思い、訪れてみたら「動画による説明」がありました。

【Windows OSでの使い方

【Mac OS での使い方】

動画は英語しかないっぽい。

説明動画は4ヶ月前に公開されているけれど、視聴回数は約300回しかない。

あれ、もしかして人気ない??

だって”一番新しく”て、”一番いいやつ”だよ??

ぼくはできないビジネスパーソン

開封したけど、また閉まっちゃいました。

セットアップは後日。

できるビジネスパーソンは「後回しにせずすぐやる人」だと思いますが、ぼくは典型的な後回し人間。

あ、でも使いたい熱が薄まると、本格的にホコリをかぶることになるので、近日中にセットアップします

使ってレビュー書きますので乞うご期待。

ではまた。はばぐっでい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA