PCまわり

Windows11はローカルアカウントでセットアップすべし

どうもこんちは。てんむす@どすこい一番星です。

つい先日、このブログでも書いたとおり、義父の新しいPCを調達した。

PC選びをぼくに任せるくらいだから、義父はPCに明るくない。したがって調達するだけで終わりではなく、「ちゃんと使える状態」にセットアップして引き渡してあげる必要がある。企業の情報システム部門でいうところの「キッティング」というやつだ。

箱から出して組み立てる。組み立てると言っても、キーボード、マウス、ディスプレイにケーブルをつなぐだけ。

電源ボタンを押してセットアップを開始すると画面には「Windows11」の表示が。ああ、そういえば注文したときWindows「11」って書いてあったっけ。触るのはこれが初めてだ。

セットアップを進めると「Microsoftアカウントを追加しましょう」と出る。

「追加しましょう」と”さわやか”に提案してくるけど、こちらとしてはゴメンこうむりたい、さわやかに断りたい。しかしWindowsはこの魔の手から簡単には逃がしてくれない。

ぼくはローカルアカウントでセットアップしたいんじゃ!

同じことを感じた人もいるんじゃないかと思う。あと未来の自分に宛てて「備忘」として、「Microsoftアカウントを追加しましょう」を華麗に回避し、ローカルアカウントを使う方法を記録しておく。

ちなみに今から書くやり方は、Windows10でも通用する。ぼくも今回この問題にぶち当たったときに「あ、なんか見たことある」というデジャヴに襲われて、しばらく考え込んだすえに思い出したのだった。「ああそうか。」

実はローカルアカウントでもセットアップを進められる

普通にセットアップを進めると、その途中でどのオプションを選択しても「Microsoftアカウントを追加しましょう」の画面が現れる。

これを回避するためには「ネットワークを切る」という裏技を使う必要がある。

どういうことかというと、「Microsoftアカウントを追加しましょう」と表示される直前に、Windowsが「ネットワークに接続されているか?」という判定をしている。

この問いの答えが「Yes」であれば「Microsoftアカウントを追加しましょう」の画面を表示する。一方で答えが「No」の場合、つまり「ネットワーク接続がない」場合は、ローカルアカウント作成ルートに進むことができる。パラレルワールドへようこそ!

具体的なやり方

  1. Windows11セットアップ開始

        

      (進める)

        
  2. ネットワークへ接続(必須)

        

      (進める)

        
  3. 「Microsoftアカウントを追加しましょう」の画面

        

    (ネットワークを切断 ※注1

        

    (「←」をクリックして戻る ※注2

        
  4. 「このデバイスをつかうのはだれですか?」の画面(成功!)

というような流れだ。

これは盲点だ。セットアップの初期段階でネットワーク接続が必須であるくせに、途中で切断するという暴挙。こんなの普通にやってたら絶対気づかないでしょう。

というかマイクロソフトさん、ローカルアカウントの使用を許可しているのなら、こんな面倒なことさせないで最初から選ばせてよ。

※注1

  • LANケーブルの場合はケーブルを抜く
  • Wi-Fiの場合は無線LANルータの電源を切る
  • スマホのテザリングの場合はテザリングをオフにする。

※注2

「←」をクリックして戻る

Microsoftが「Microsoftアカウント」を使わせたい理由

AndoroidスマホがGoogleアカウントを、iPhone/iPadがApple IDを必須としているのと同じ事がしたかったんだろう。機種交換や、別のデバイスを買うときに、ブランドの呪縛から逃れられないようにするやり方だ。要するに「囲い込み」ってやつ。

そういえばWinddowsスマホって一時あったけど、今はどうなったんだろう?タブレットという意味では一応Surfaceがあるか。

ローカルアカウントを使った方がいい理由

Windowsを ”Microsoftアカウント” で使っていて困ることはよくある。逆に ”ローカルアカウント” で使っていて困ることはない。という説明になる。

経験したケースだと、事情があって複数アカウントを持っているのだけれど、あるとき試しに ”Microsoftアカウント” でWindowsをしばらく使ってみた。そうしたら全てのMicrosoftサービスがWindowsで使っているアカウントに紐付いてしまった。その結果、他の ”Microsoftアカウント” を使用するのが非常に面倒くさいことになった。場合によっては、Windowsに別のユーザでログインする必要があった。

今は ”ローカルアカウント” で運用しているがMicrosoftの各種サービスは普通に使えている。とくにXbox Game Passにはお世話になっている。

ちなみに ”Microsoftアカウント” を使うメリットはというと、さっき「囲い込み」に触れたように、複数のデバイス間で設定を共有できるらしい。ブラウザのお気に入りとか、お気に入りとか、お気に入りとかです。

別に ”Microsoftアカウント” で使うのも絶対ダメだとは言わない。こだわりがないならそれも一つの選択だと思う。

ただ、”ローカルアカウント” に戻そうと思ったときには1からユーザを作り直して、いろんなデータや設定をし直さないといけない。かなり面倒くさいです。

まとめ

Windowsはローカルアカウントでセットアップを進められるという内容でした。

個人的にはローカルアカウントを使うことをおすすめする。

今回はここまで。読んでくれてどうもありがとう。はばぐっでい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA