NiZ Plumキーボード

NiZ Plumキーボードを分解する方法

どうも、こんちは!てんむすです。

今回は、NiZ Plumキーボードの分解方法について解説します。

バッテリー交換や、キーの荷重変更のためのシリコンドーム交換(※)をする場合に分解が必要になります。あと、単純に分解することが好きな人もいるかも知れませんね。

※専用のバネを装着することで荷重を重くすることもできますが、本体内部にあるシリコンドームを交換することで、さらに重くすることもできます。

<シリコンドーム>

先日、Mini84 Proのバッテリーがお亡くなりになりました。Mini84 Proはヤフオクで購入した中古品なので仕方ありません。しかし、購入元が不明で問い合わせができないので、ダメ元で公式サイトに修理できるか問い合わせてみました。

 

てんむす
てんむす
Mini84 Proのバッテリーの修理はお願いできますか?
NiZ 公式サポート
NiZ 公式サポート
あなたはどこの国に住んでいますか?
てんむす
てんむす
日本です。
NiZ 公式サポート
NiZ 公式サポート
じゃあ、できません。
てんむす
てんむす
しくしく(涙)

 

とまあ、あっさり拒否されました。まあ、仕方ないです。国外だもの。送料もあるからねぇ。

でも、転んでもただでは起きませんよ。代わりに、バッテリーのスペックを教えてもらいました。

後日、自分で交換をするつもりです。注文したバッテリーがまだ届かないので、到着しだいチャレンジします。

バッテリーのスペックはわかったのですが、電子工作をしたことがないぼくには、特に接続端子はどれを選んだらいいかがわかりませんでした。そのため、実際に分解して目で見てみることにしました。

というような経緯で、今回分解に至ったわけですが、いざ分解をしてみると、コツがひつようだったので共有しようと思って記事にしました。

NiZ Plumキーボード分解の手順

はーい、ということで順を追って分解の方法について解説していきます。

分解した後の様子(構造の説明)

まずはじめに、分解した後の写真をお見せします。これから作業をするに当たり、あらかじめ構造を理解したほうがやりやすいと思いました。

パーツとしては、四方を囲っているフレームがあります。下に土台となるケースがあり、そのケース上にスイッチ等が含まれる基盤が乗っています。

 

 

フレームは裏面の、正面から向かって奥側と手前側のそれぞれ4箇所がツメで固定されており、このツメを外さないとフレームが外せません。

 

裏面の奥側
裏面の手前側

フレームを外してしまえば、基盤はケースに乗っているだけなので、簡単に開くことができます。

フレームの外し方

先ほど書いたように、裏面の奥側、手前側のそれぞれ4箇所あるツメを外します。

このツメですが、意外と強く噛んでいて、また外すための隙間を作りづらいので、けっこうやっかいです。

マイナスドライバーで無理やりこじ開ければ、外せると思いますが、本体に傷や汚れがつくし、ツメも折れるリスクがあるので、オススメはしません。

おすすめの方法は以下です。

準備するもの

作業をするにあたって、以下のものが必要となります。

・隙間に差し込むもの
オススメはプラスチック製のヘラです。ぼくはAmazonで5個セット(500円程度)のものを購入しました。
もしかしたら、スーパーのポイントカードのような、硬いカードであれば代用できるかもしれませんね。

・マイナスドライバー
さっき「傷がつくからオススメしない」って言ったじゃん。結局はマイナスドライバー使うんかい!って、思ったかも知れませんが、ゴリゴリやるのではなくて、やさしくソフトに使います。サイズとしては中くらいのサイズが良いでしょう。小さいと傷つけそうだし、大きいと意図したところに差し込めない可能性があります。

ぼくが使ったヘラはこちらです。ご参考まで。

【井上工具 プラスチックマルチヘラ  5本セット】

手順

はじめは苦労しましたが、その結果コツを見出しました。

以下の通りで、うまくいきます。

キーキャップを外す

準備として、キーキャップは外しましょう。全てのキーを外す必要はないかも知れませんが、フレームに面した外周部は外しておかないと、フレームにひっかかって邪魔になります。

手前側のツメを外す

先ほどの説明の繰り返しになりますが、裏面の奥と手前4箇所ずつのツメを外す必要があります。

特に手前側のツメが難易度高めです。先に手前側から外しましょう。

左右どちらか外側から外していきます。

ツメのすぐ横の隙間にヘラを挿し込み隙間を開けます。

 

 

ツメが浮いた状態になるので、ツメが噛んでいた溝にマイナスドライバーを差し込み、テコの原理でドライバーの持ち手を下げて、やさしくケースとフレームを外します。

 

 

コツとしては、ツメになるべく近い位置にヘラを差し込むことと、ツメが完全に浮いた状態になるまで隙間を作った上で、マイナスドライバーを使うことです。

この手順で、手前側全てのツメを外します。

奥側のツメを外す

奥側のツメも同様のやりかたで4箇所のツメを外します。手前側と比べると隙間を作りやすいため簡単でした。

裏面の奥側
裏面の手前側

フレームを外します。

ツメが全て外れてしまえば、あとはフレームを垂直に持ち上げるだけで外れます。

 

基盤とケースを開きます

基盤とケースは、少し力を加えれば開くことができます。特に特にネジやツメなどはありません。

 

 

お!バッテリーが見えましたね。

さいごにひとこと

注文したバッテリーが、まだ届かないので、なんともですが、交換で直ってくれるといいです。Bluetoothが使えなかったり、キーマッピングのメモリができないのが解消される見込みです。

ちなみにぼくは、35g荷重がちょうどいいようです。しかし、世の中にはいろいろな人がいて、荷重がとにかく重いのが好きな人がいるようです。

公式Discordをフォローしていると「オレ、75g荷重がいいんだけど」みたいな話も聞こえてきました。(オマエはどんだけマッチョなんだよ!)

そこまで極端な人には、シリコンドームの交換が必要なようですね。

Nizでは、2019年以降のモデルから新しいキースイッチを採用しているようです。触ってみた感じでは、新旧おなじ荷重でも、古いほうが軽く感じました。

今回はここまで。次回以降にバッテリー交換と、シリコンドームの交換について解説します。

ではまた!はばぐっでい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA