ガジェットの話

おすすめの撮影ボックス(サンワダイレクト撮影用組み立てスタジオ)

どうも、こんにちは!てんむすです。

撮影ボックスを買ったので、そのレビューです。

購入したのはサンワダイレクト製『撮影用組み立てスタジオ』です。

使ってみた感じ、しかっかり作られていてクオリティ良し

圧倒的な光量で、被写体がキレイに撮れました。

これはおすすめ!

こういう人に読んで欲しい

  • instagramやTwitterで、「映え(ばえ)」を狙う人。

  • メルカリ等のフリマアプリや、個人で商品を売ろうと思っている人

  • おすすめの撮影ボックスを探している人

  • 撮影ボックスのメリット、デメリットを知りたい人

撮影ボックスを使うメリット

撮影ボックスとは、下の画像のようなもので、被写体をキレイに撮りたい場合に使います。

撮影ボックスをつかうメリットは以下です。

撮影ボックスを使うメリット

  • 被写体を置く位置や、光がどこからあたっているかなど、悩まなくて良い

  • 背景がスッキリきれいに撮れる

  • 付属の背景を使えば、好みの背景色で撮れる

  • 付属の布越しに光を当てると、太陽光のように自然な明るさで撮れる

  • 使わない時はたたんで薄くなるので、じゃまにならない

  • 誰にでもあつかえて、誰にもでも鮮明な写真が撮れる

デメリットは・・・うーん、使わないときに場所をとる、とかかな?

あまり思い浮かばないです。

おすすめの撮影ボックス『撮影用組み立てスタジオ(型番200-DG017)』

ぼくがおすすめするのは、サンワダイレクト製『撮影用組み立てスタジオ(型番200-DG017)』です。

他社製品でも撮影ボックスはいくつも売っていますが、この商品の特長はLEDライトの明るさです。

より明るいほうがキレイにとれます。

他社のものだと、530ルーメン、1,200ルーメン、3,400ルーメンという感じでしたが、200-DG017は、なんと8,000ルーメンもあります。

ちなみにルーメンと言うのは、明るさの単位をあらわします。

参考までに、一般的家庭のトイレの明るさは、400ルーメン程度だそうです。

8,000ルーメンということは、なんとトイレの20倍の明るさ!

ス・ゴ・イ!

トイレが8,000ルーメンだったら、おちおち💩もしてられないですネ orz

外観

組み立て時

ぼくが買った200-DG017は、縦60cm、横60cm、奥行き60cmのモデルです。

さすがにデカい!

これだけでもデカいのに、この前面に立って撮影することになるので、けっこうスペースが必要。

別のモデルで、縦横幅40cmのものも、縦横幅50cmものもあるので、被写体のサイズも考えて選んだほうが良さそう。

大は小を兼ねるけど・・・。

LEDライトをつけてみた

スゲー明るい!

背景は4色ある

背景は白、オレンジ、黒、灰色がついてきます。

たたんである状態はこんな感じ

厚みは2.5cmになり、かなり薄くなります。

収納には便利です。

スペック

スペックは以下の通りです。

製品名撮影用組み立てスタジオ
メーカーサンワダイレクト
型番200-DG017
サイズ■使用時サイズ:約W640×D820×H635mm
■撮影部サイズ:約W600×D600×H600mm(内寸)
■折りたたみ時サイズ:約W640×D40×H630mm(※取っ手部除く)
重量約2.8kg
LED39灯×4
色温度5400K
LED明るさ約8000ルーメン
材質ポリエステル 他
付属品バックスクリーン×4枚(グレー、ブラック、オレンジ、ホワイト 各1枚ずつ)

使ってみた感想

すげーキレイに撮れる

実際に撮ってみた。

ピンボケしちゃいましたが、すごいキレイに撮れています。
(慣れていないカメラを使ってみた)

今まで、やっつけで作ったレフ版や、背景に画用紙をつかったりして撮影していましたが、これをつかうと全然違う。

何が違うかと言うと・・・

撮影ボックスをつかわない場合、光がどこからあたるのか、背景によけいなものが写らないように、など被写体を置く場所を決めるのに時間がかかります。

この撮影ボックスの場合、どこに設置しても同じ品質でキレイに撮れます

これは楽!

あと、被写体の全体が、均等に明るくなった。

LEDライトがかなり明るいのと、光が側面や下面などに反射して、いろんな角度から被写体にあたってくれるので、変な影ができず色合いがキレイです。

組み立てやすさ、たたみやすさ

組み立てるのは、とても簡単です。

撮影ボックスの各面(側面とか、上面とか)はマジックテープでくっつく仕組みになっているので、かるく押さえればピタッと止まります。

折りたたまれている撮影ボックスを開いて、箱を組み立てます。

あとは背景のシートを設置し、光源をやわらかにするための布を設置するだけで、これらも全てマジックテープでくっつきます。

たたむのも、すごい簡単。

マジックテープをバリバリはずして、折りたたむだけ。

ぼくが買った理由

目的は、メルカリで商品販売を考えており、商品をきれいに撮影するためです。

2か月くらい前から、家の不用品をメルカリで販売してみました。

メルカリは使ってみる前、いろいろ面倒くさそうなネガティブなイメージを持っていましたが、やってみると意外と簡単です。

思っていたよりは、出品したものがバシバシ売れます。

コツが少しつかめてきたので、本格的に商品を売って、副業してみようかなと考えました。

ちなみに、メルカリで上手に販売するには、いろいろなテクニックがあると思いますが、初心者が最初にぶち当たる壁は発送の仕方だと思う。

どうやって梱包するのが良いか、どの発送方法が一番安く確実にとどくのか?などです。

このあたりは、別で記事にしたいと思います。

メルカリでは、いくつか購入もしてみました。

商品を探していて感じたのは、綺麗に撮れている商品の方が、いいなと思うこと。

商品の写りがわるいと、せっかくいいものでも、買おうとは思いません。

例えば、汚い部屋の背景が写っていたりすると、販売者の清潔感を疑ってしまい、商品も雑に扱ってそうで、状態がわるそうだと感じます。

他にも商品のが暗かったり、ピンボケしていたりすると、実際は状態はいいのかもしれないけれど、写真写りの悪さから、やっぱり状態がわるそうに見えてしまします。

メルカリは、プロではない一般の人が、出品しているものが多いので、キレイに撮れている商品は、ぱっと見で差が付きます。

そう考えると、商品はキレイに撮影した方が売れます。

なので、キレイに撮影するために、撮影ボックスを買いました。

まとめ

とてもいいものが買えました、満足です。

現在、いろいろ売るための商品を仕込んでいるので、準備ができたらこの撮影ボックスをつかって撮影して、実際にメルカリで売っていこうと思います。

そんな感じ。

はばぐっでい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です