お悩み解決

ハサミとカッターの刃に付くベタベタが許せない

「ハサミ」や「カッター」の刃ってベタベタになりがち。切れ味が落ちてイラッとする。

どうもこんちは。てんむす@どすこい一番星です。

生活用品など普段の買い物は、以前からネットで済ましていたけれどコロナ禍になってからはさらにネットショッピングが加速。スーパーやデパートで買うのと違って商品は全てダンボール箱に入って届く。

送られてくるダンボール箱は全て開かないようにテープで止めてある。簡単に手で剥がせるタイプならいいんだけれど、強固に接着されているのがほとんど。こうなるとカッターの出番だ。片付けが苦手なぼくの場合、カッターが見当たらないことはよくある話で、そのときには2番手のハサミに登板してもらう。

カッターやハサミを使えばテープはスッと切れる。しかしながら、その後遺症として粘着質がハサミやカッターの刃に付着する。そして切れ味がガクンと落ちる。

これ、毎回イラッとするんだけれど、あなたはどう思いますか?

ベタベタを取る良い商品はないものか?

てーれってれー!「テープはがし強力タイプ ムース状」

天下の「ニチバン」製だ。ニチバンといえばテープ材を製造販売している大手メーカー。名前はだれもが一度は聞いたことがあるだろう。

テープを作っている会社だからこそ、粘着質の成分を熟知しており、ベタベタを落とすことに専門的な技術を持っているはずだ。Amazonでもたいそう評判がいいので買ってみた。オレンジの匂いがするのだそうだ。

テープはがし強力タイプ ムース状

届いたのはこちら。小さめの50mlのものを買った。中にはスプレー本体と、ムースを伸ばす専用のヘラが付いていた。先ほどの写真とたいして変わらず恐縮です。

今日もカッターとハサミの切れ味は絶不調だ

写真ではわかりづらいかも知れないが、本日もベタベタ、明日もベトベト。切れ味は絶不調だ。紙のたぐいなら切れないこともないが、「ビニール袋」や「ビニール紐」など、表面がツルツルしたものは引っかかって切れない。ムキー!!!!

さっそくテープはがしを使ってみよう

周囲が汚れるといけないので下にいらない厚紙を敷きカッターとハサミを置く。いざ、スプレー噴射。

思ったのとちょっと違う。整髪料のムースやシェービングフォームみたいな泡で、あわあわしたやつを想像したのだけれどイメージと違う。積もりはじめの雪みたい。

ぬおおおおおおおおお!!!!!くせー。

オレンジの匂い???いや、これは明らかに”有機溶剤”の臭いだ。強烈な”オレンジ風の有機溶剤”だ。閉め切った部屋でやる物じゃない、完全に失敗した。

「使用方法」に書かれたとおり2分ほど置くことにする。頭がクラクラしてきた。

おおよそ2分後、ティッシュで泡を拭き取る。しかし、ここでもうっかりミス。指を切った。どんだけドジっ子なんだ。幸い血が出るほどでもなく指先の皮をうっすらスライスしたくらいで済んだ。

刃の表面を(今度は慎重に)触ってみると、きれいにベタベタが取れていた。紙を試しに切ってみたが、買ったすぐの頃ようにスムーズに切れる。「ビニール袋」もスッと刃が通った。

使ってみての感想

実験は成功だ。たしかに「テープはがし強力タイプ ムース状」を使うと、刃のベタベタはキレイに取れる。切れ味も元通りだ。

終わった後に片付けをしていたら、妻が僕の部屋をノックしてドアを開ける。

「あなた、何かやった?臭いんだけど」

若干、キレ気味である。うひぃ。

そう臭い。とても臭い。気軽には使えないくらいの強い臭気。使うときは換気扇の下か、屋外で使うべきか。

そして思ったんだよね。ハサミ、カッターのベタベタを取る目的で使うなら「除光液」の方が優秀だと思う。女性なら多くの人が持っているのではないか。マニキュアを落とすのに使うやつだ。うちの妻は無印良品の除光液を持っていた。偶然にも同じオレンジの匂い。

除光液は液体なのでティッシュに数滴垂らして使う。そのティッシュで刃を拭くと簡単にベタベタが取れる。こちらも強烈な臭いだが工業製品っぽさはなく、また使う量が少しなので部屋で使っても大丈夫だ。換気や飛散防止の対策などの準備もいらないので気軽に使うことができる。

実は以前からベタベタ取りに除光液をつかっていたのだ。しかし妻のものをこっそり拝借しているという後ろめたさがあり今回このスプレーを買った次第。

自分専用の除光液を買うときが来たかも知れない。ついでにネイルアートもしてみようかしら、うふふん。

以上、現場からのレポートでした。

ちなみに、今回紹介した「テープはがし強力タイプ ムース状」が悪いわけではない。ハサミとカッターに使うには向いていないという結論だ。きっと「大切なもの」に貼り付いたしつこいテープや、子供が「タンス」に貼ったビックリマンシールなどをはがすのには最適な選択なのだろう。一方の除光液は、色が沈着したり、付けたところが溶けたりすることもあるので簡単には使えない。

まとめ

まとめと書いて、まとめない。まいったか。

最近ノンアルコールビールにハマっています。もともと毎日晩酌をするのが日課でウィスキーの水割りを2杯くらい飲んでいた。ノンアルビールを飲み始めて、ウィスキー水割り2杯のうちの1杯目がこのノンアルビールに置き換わり、結果的に酒量が減った。案外おいしいので、お酒を控えたい人にはおすすめ。

今回はあまり役に立たない記事だったかも。すみません次回また精進します。

ここまで読んでくれてありがとう。ではまた、はばぐっでい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA