PCまわり

モニターアームを導入してみた(サンワダイレクト/高耐荷重・薄型クランプ・1画面・モニターアーム)

こんちはっ!てんむすです。

今回は以前からの夢だったモニターアーム購入して設置してみたけれど、盛大に失敗したお話です。

何を実現しようと思ったか

「サラリーマンを辞めるために足掻く活動」の一つとして、先日からこのブログをはじめました。

毎日1記事を目指していますが、記事を書くにあたり並行して調べ事もするので画面をより広く使いたいと考えていました。

ブログ以外でもPCを使っている時間は長いので、作業効率が上がればより時間を創出できるのではないか?とも考えました。

ということでデュアルディスプレイ環境を導入しました。

PC環境


ディスプレイが2枚ある便利さとか、僕が使っているモデル等の情報は、別記事で後日書こうと思います。

僕のデスク環境は音響周りとかも考えてみると、かなり変態な環境です。

2台のディスプレイのベストな設置位置を用途から考えた

使っているディスプレイは2台とも4Kの31.5インチです。

一般的には大型のモニタであるため目線の移動距離が長いです。

下手をすると画面の隅の方を見る場合は少し首を動かさなければならなかったり。。。。

なるべく首を動かさなくていいように、普段使いとしては2台のディスプレイの境界の中心が真ん中になるようにしたいです。

自分を中心としてディスプレイの隅までの距離が一定になるように、少し内向きに斜めに配置するのがベストだと考えました。

イメージとしては↓こんな感じです。

一方僕はゲームが趣味なので、その環境にもこだわりたいと思いました。

前述の方法で設置した場合、ずっと斜めに首を向けた状態でプレイすることになります。

現状ですが音響にもこだわりがあり、ホームシアターのようにスピーカーが5.1chになっています。

スピーカーは前を向いていることを前提にセットされているので、斜めを向くのは具合が良くないです。

また2画面を1つの画面として扱いゲームを表示することもできますが、そうした場合は画面の中心が2台のディスプレイの堺になり、そこが映らないという問題が発生します。

それでは没入感が落ちます。

以上からゲームをやる場合は正面に1台、左に1台を斜めに設置するのがベストと考えました。

↓こんな感じです。

PC環境

本当はトリプルモニタで左右・正面と置けたらパーフェクトなんだけれどなぁ(遠くを見る目)。

いつかやってしまいそうな自分が怖いです。。。。

とまあ、ゲームをするときとそれ以外の時でディスプレイの位置を変えたかったのですが、モニターアームでも使わない限り動かすのが大変じゃあないですか。

ヌルヌル位置を変えられることを実現したかったわけです。

何を買ったか

購入したのはサンワダイレクトのモニターアームです。

↓こちらを2個買いました。

結論から言うと失敗でした。

後から文句を書きますが、僕の環境では全く使えませんでした。

設置してみた

使っているデスクもサンワダイレクト製なので、同社アームの取り付けには問題ないことはあらかじめわかっていました。

ディスプレイは決して安いものではありませんので、ぽろっと落ちて壊れたら嫌だなという不安から、オプションとして売っているモニターアーム設置の補強プレートも買いました。

設置自体は特に難しくありません。

デスクの端に台座を挟み込んで、アームを差し込むだけです。

設置した後はこんな感じ。

ディスプレイを取り付ける前ですが、触ってみた感じでは左右の首振りはまあまあスムーズでしたが、上下が動かせません。(左右方向も期待したほどヌルヌルは動きません)

アームが一番上にある状態で固まっていて、下げようにも硬くて動きませんでした。

説明書を読み上下移動の硬さを調整できる箇所をいじって緩くしたところ、下にも動かせるようになりました。

問題発生!

ディスプレイを取り付けてみたところ、先ほどの上下移動がやはりダメでした。

どうダメなのかというと、ディスプレイを下げることはできるが上方向への反発が強すぎて、好みの位置で固定できませんでした。

下げてから手を離すと一番上に戻ってしまいます。

なんじゃこりゃー、不良品じゃないか・・・。

 

交換をお願いしてみた

サンワダイレクトに問い合わせました。

ディスプレイが固定できなく、不良品だと思われるので交換して欲しいとメールしました。

しかし回答は「仕様です」とのことでした。

理由は僕が使っているモニターは重量が6kgちょっとです。

一方で今回のアームは8~20kgに対応しているとのこと。

なにー!

 

では「下位のもっと軽量に対応したアームと交換して欲しい」と言ったところ、交換・返品は受け付けないとの回答でした。

まじかー、はぁ。。。。

 

今回なぜこんなことになったか

確かに製品のページをみると8~20kgに対応と書いてあります。

これを見落としたのは僕のミスです。

でもね、同じページのしかも製品名に『27インチ、32インチ』と明記してあります。
ショップのカテゴリをたどっていっても

カテゴリトップ > 商品一覧 > アクセサリー > モニターアーム > 27~32型 > 1画面


とあります。

これって酷くないですか?

商品名に偽りありですよ。

半分騙されたみたいなもんです。

不誠実でお客さんに対し失礼ではないかと思います。

もっと言うと今の主要なメーカーの32インチディスプレイって、どれも8kgより軽いですよ。

8kgっの32インチって、ブラウン管ですか?プラズマディスプレイですか?

少し調べましたが最近の主要メーカーの製品だと43インチあたりで、ようやく8kgをわずかに越えるようです。

問い合わせした時に軽量に対応したアームについても確認しましたが、「32インチディスプレイだと重さは大丈夫だが、サイズ的には安定しないかもしれない」とのこと。

はぁ???

 
はあ?????(怒り)
 
ダメです!
 
 

もう不誠実さとサポートの悪さから、サンワダイレクトは利用しないと決めました。

他社のモニターアームはどうか?

エルゴトロン社やグリーンハウス社が評判のようですね。

少し調べた限りだと僕の要件も満たしてくれそうです。

後日、選定の上で買いなおそうと思います。

後日談ですが、エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム ホワイトを買いました。

こっちはお望みのところでピタッと止まってくれて快適です。

後日レビューでもしようかな。

 

まとめ

ディスプレイアームを買うときは慎重にね、というお話です。

それにしても使えないモニターアームはお金も帰ってこないし、家に置いておいても邪魔なだけです。

メルカリとかで売ることを検討します。

こちらも後日談ですが、メルカリで2つとも売れました。

購入した人は大型のテレビに使ったみたいです。

ではまた会おう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です