PCまわり

バックアップ:NAS(ナス)で大事なデータを消失から守る

どうもこんちは。てんむすです。

先日、「写真と動画データのおすすめバックアップ方法」について記事にしましたが、その続きです。

写真・動画データも、もちろん大事ですが、消えたら困るデータはたくさんあります。

大事なデータが消えてなくならないように、NAS(ナス)を使う方法があります。

データを安全に管理できるだけでなく、他にもいろいろと便利な機能があるので、今回はNASについてお話しします。

この記事では、「NASとはなんぞや?」、「何かいいことあるのか?」ということをざっくりと、かなり丸めて説明しています。

NASを使うと、こんなことができます

  • ハードディスクが故障してもデータが無くならない
  • 複数のパソコン、スマホなどでデータを共有できる
  • 外出先からもデータにアクセスできる
  • 定期的なバックアップをとれば、間違って消したデータも復活ができる

すべては電子データで保存されている

今や誰もがマホを持っています。

デジカメを持ち歩かなくとも、いつでも手軽に、写真や動画が撮影ができるようになりました。

撮りためてきた「子どもの成長記録」、「旅行の写真」、「大切な人と過ごしたときの映像」などなど、どれも大事な思い出がデジタルデータとして保存されています。

他には、個人事業を営んでいる場合は「契約書」の管理だったり、「保存を義務づけられている記録」だったり、商売をやっていない人でも、「転職したときの履歴書」とか、「家計簿」とか、「クレジットカードの明細」とか・・・これらも全てデジタルデータになりました。

ちょっと想像してみてください。

ある日、全てのデータが消えてしまいました。

あなたはどんな気分になりますか?

ハードディスクが壊れるとデータは消失する

「ある日、全てのデータが消えてしまう。」

これって、現実問題として起こりうる話です。

ぼくの場合、撮りためてきた旅行の写真や、わが子(ポメラニアン)の写真が一番大事。

「消えて、もう二度と見ることができない」というシチュエーションを想像すると、背筋がゾッとします、冷や汗タラタラですよ。

最近主流になりつあるSSDや、スマホ・iPadのフラッシュメモリも壊れたら状況は同じです。

ここからは「ハードディスク」という表現を使いますが、データを保存している場所がSSDやフラッシュディスクでも読み替えてください。

ぼくはパソコン歴が20年以上になりますが、今までにハードディスクが壊れたことが2回あります。

それは、ある日突然、なんの前触れも無くやってきました。

突然、「カラカラカラ」という異音がしたと思ったら、パソコンが停止。

電源を入れ直してもWindowsは起動しない。

あわててハードディスクを取り出し、別のパソコンにつないでも、全く読み取れません。

結局、中に入っていたデータは完全に消えてなくなりました。

そのときは定期的にバックアップを取っていたので、完全消失は免れていますが、一部データは消えてしまいました。

不安をあおるわけではありません。

しかし意外と故障って起こるものですよ。

パソコンが起動しなくなるだけであれば、買い換えればいいだけです。

しかし消えてしまったデータは、二度と取り戻すことができません。

なので、ハードディスクが故障してもデータを失わないように、普段から備えておくことをおすすめします。

NAS(なす)ってなーに?

「Network Attached Storage(ネットワーク・アタッチト・ストレージ)」、その頭文字をとってNAS(ナス)といいます。

NASの正体は、データを保存するための小さなパソコンです。

NASを使うことによるメリット・デメリットはこちら。

メリット

  • データを複数の端末で共有できる
  • ハードディスクが故障してもデータは消えない
  • 外出先からもデータを扱える
  • 定期的なバックアップができる

デメリット

  • コスパが良くない

データを複数の端末で共有できる

NASは普通のハードディスクと違い、パソコンにはつなぎません。

その代わりに、「ルーター」に接続します。

最近はみんなスマホを持っているので、自宅にインターネットを引いて、wifiを使っている人も多いことでしょう。

その場合、「無線LANルーター」(モデムが兼ねている場合もある)にNASを接続するのです。

ネットワークに直に繋ぐことになるので、あらゆる機器からアクセスすることができるようになります。

パソコン、スマホ、iPad、なんでもござれです。

しかも自分の端末だけでなく、家族みんなで使うことだってできちゃいます。

すげー便利です。

ハードディスクが故障してもデータは消えない

NASにはハードディスクが2つ入っており、同じデータを両方のハードディスクに保存(※)します。

そのため、1台のハードディスクが故障しても、データが失われることはありません。(※RAID1の場合)

安心感が違います。

外出先からもデータが使える

設定次第で、外出先からNASに入ったデータが使えるようになります。

ノマドっぽくカフェからNAS上のデータを編集したり、もしくは外から家族と同じデータを編集するとか、なんか便利そうじゃないですか?

もちろん必要ない場合は、この機能を無効にすることもできます。

定期的なバックアップをとれば、間違って消したデータも復活できる

ほとんどのNASは、定期バックアップを取るための機能があります。

バックアップをとっておけば、間違ってデータを更新してしまったり、消した場合でも、元に戻すことができます。

コスパは良くない

NAS本体は2テラバイトのもので、20,000円から。

またランニングコストとして電気代が月々300円~400円かかります。(常に電源Onしておく機器なので)

これらの費用を考えると、データ保管ができるクラウドサービスと比較して、コスト面のメリットはあまりないというのが正直なところです。

しかし、「大容量のデータを3年以上保存する場合」、「企業にデータを預けたくない」、「個人で管理したい」という場合については、NASを使った方がいいです。

他にも、動画編集など、大きなデータを扱う場合は、高速なアクセスが求められますので、むしろNAS一択でしょう。

NASの選び方

NASのいいところ、わかってもらえましたか?

もし、興味がわいた人もいるかもしれないので、NASを選ぶときに注意する点を説明します。

重要なのは一つだけ。

ハードディスクを2台以上つんでいる製品を選ぶこと。

ハードディスクが1台のやつは、故障したら即アウトです(そりゃそうだ)。

わが家のNASの使い方

ぼくはSynologyというメーカーのDS218Jを使っています。(最新モデルは「DiskStation DS220j/JP」)

約20年分の写真データ、商品の在庫データ、売り上げや経費の帳簿データ、いろんなサイトのユーザとパスワード情報、ほかにもいろいろ保管しています。

NASの容量は1テラバイト。

ぼくは写真をバシバシ撮る方ですが、それでも400ギガバイト程度しか使っていないので、容量には余裕があります。

組み立てるタイプ

NASは初めからハードディスクを搭載している製品もあれば、DS218Jのようにハードディスクを自前で用意して組み立てるタイプもあります。

組み立てといっても、ハードディスクを所定の場所に刺すだけなのでとても簡単。

家に余っていたハードディスクを流用しました。

外からはアクセスしない

「外出先からアクセスできる」機能は使っていません。

便利そうですが、外から使う用事もないし、不正アクセスされる恐れもあるので、あえて無効にしています。

マニュアルがわかりやすい

SynologyのNASはマニュアルが丁寧に書かかれていて、わかりやすいです。

マニュアル通りにやれば、誰でも設置が簡単にできます。

メンテナンスいらず

一度設置してしまえばメンテナンスはほとんど必要ありません。

もう2年も使っていますが、手のかかるようなことはないです。

あ、一度だけ、ハードディスクが劣化して1つを交換したことがあるくらいかな。

そのときも、事前に「ハードディスクが劣化しています」と通知してくれました、できる子です。

内蔵したハードディスクと同じように扱える

ネットワークドライブとして割り当てをしてしまえば、パソコンに直接接続したハードディスクと同じように扱うことができます。

データの読み書きはネットワーク経由になりますが、体感のアクセス速度は内蔵したハードディスクと変わりないです。

便利なアプリがインストールされている

NASの管理画面はWebブラウザからアクセスできます。

まるでWindowsやMAC OSのようなデスクトップ画面。

このOS上に、便利なアプリがいくつもインストールされていて、非常に便利です。

特にアルバムアプリは、写真がたくさんある場合にとても便利。

たくさんの写真を一覧で見られるし、表示速度も速いし、いい感じです。

以前、Googleの「Picasa」というアプリを使っていました(現在は廃止された)、その後継として使っています。

バックアップアプリも便利で、設定すれば定期バックアップができるようになります。

バックアップデータの保存先は選ぶことができ、同じNASの中でもいいし、外付けのハードディスクでも大丈夫、DropBoxなどのクラウドに保存可能。

バックアップを取っておけば、間違ってデータを消してしまった場合でも、バックアップ時点のデータを取り出すことができます。

満足度は高い

コスパ面では、うーーん、な感じですが、それを上回るくらい便利で、なによりうちの奥さんの機嫌がいいです。

まとめ

NASを使うと以下のメリット・デメリットがあります。

自分でデータを大事に管理したい人にはNASがおすすめです。

メリット

  • ハードディスクが故障してもデータが無くならない
  • 複数のパソコン、スマホなどでデータを共有できる
  • 外出先からもデータにアクセスできる
  • 定期的なバックアップをとれば、間違って消したデータも復活ができる

デメリット

  • コスパが良くない

以上です。ここまで読んでくれてどうもありがとう。

では、はばぐっでい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA