PCまわり

【レビュー】XP-PEN Deco Pro MWラグ/遅延

どうもこんちは。てんむすです。

ペンタブをこれからつかってみたいと思う人、もしくは新しいペンタブに買い換えようと思っている人

スペック的に何を気にされるのでしうょうか?

ぼくは断然、「ラグ・遅延」の問題です。

ペンを動かしたときに、その軌跡が画面に現れますが、この描画に遅れがあると気になるタイプです。

ペンタブレットは何年も前から売られていますが、数年前に家電量販店でさわったときは、「まだ使い物にならないな」というネガティブな印象しかなくって。。。

でも今回、最新のDeco Pro MWを買っちゃって、つかってみての感想ですが、かなりラグ・遅延が少ないと感じました。

このレベルであれば誤差の範囲であり、慣れれば気にならなそうだと感じた。

神経質なぼくでも許容範囲

「ラグ・遅延にセンシティブな人」の役に立てばと思って、今回動画を撮りました。

ラグ・遅延はどのくらいか?

「ペンの動き」と、「画面表示に反映されるタイミング」が両方わかるように、実際に書く様子を後ろから撮影しました。

Windows10の場合

ぼくのメインマシンであるWindows10で試してみました。

微妙な遅れはありますが、慣れたら気にならないレベルだと感じませんか?

これならうまく付き合って行けますね。

iPadの場合(iPad Air2 2014年モデル)

これは参考です。

うちにiPad Air2(2014年モデル)があったので、念のため試してみました。

iPadならiペンシルをつかえばいいじゃない」と思った人、ごもっともでございます。

そうなんだけど、ペンタブレットも使えるよというデモだと思って許してください。

あと、iペンシルが対応しているモデは限られていて、古いモデルではつかえません

今回つかったiPad Air2は古いので、iペンシル非対応なのです。

つまりですね、iペンシルに対応していないiPadでもペンを使う方法があるよ、ということもお伝えしたかったのです。

で、その具合ですが見ての通り。

Windows10よりも、遅延が大きくてのろのろの印象

ただ、微妙なところですね。

2014年モデルでこの程度の遅延なので、もっと新しいモデルなら全然余裕なんじゃないでしょうか。

ぼくはこの程度でも、ギリギリ許容範囲だと感じました。

ちなみに、今回iPadでのペンタブレットのつかいかたがわかったので、そのやり方を次回記事にします。

まとめ

最新のペンタブレットは非常にいい感じです。

技術の進歩ってやつですね。

ようやく紙に書くような感じに近くなってきました。

残る改善点は「紙とペンの摩擦の感覚」ですね。

Deco Pro MW本体は多少の摩擦を感じますが、まだまだです。

摩擦感のあるフィルムを貼ってと言う方法もありますが、全体的に物足りないそうです。

別で、コストのかかあらない「いい方法」があるらしいので、それも次回に試して記事にしますね。

ではまた、はばぐっでい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA