お悩み解決

安くスマホを買うなら中古スマホショップがおすすめな理由

つい先日、スマホを買い換えた。

買ったのは、まだ発売されたばかりの最新モデルGalaxy S21という機種で、中古スマホショップ「イオシス」で購入しました。

イオシスでは8万円で買えたのだけど、もしこれをauで買った場合は12万円Docomoだと10万円もする。

なお、「中古」ではあるのですが、届いた本体は新品同様。傷も汚れもなく付属品も全部ついています。

どうですか?お得だと思いませんか?

下の写真は、ぼくが買ったGalaxy S21です。ピッカピカでした。

今日の記事は「安くスマホを買い換えるなら中古スマホショップで買おうぜ!」という話です。

現在、買い換えを考えている人には必見ですが、そうでなくとも次回に役立と思います。

スマホにかかっているお金、考えたことありますか?

スマホ本体は5万円~10万円くらいします。2年ごとに買い換えている人も多いのではないのでしょうか?

5~10万円のものを、2年おきに買い換えると、10年後には総額25~50万円の出費です。

「え!?そんなに出費しているの」と思いませんか?

スマホ代が家計に占める割合もおおきいはずです。

これを見直したらいいことがありそうですね。

最近のスマホは3~4年つかえる

スマホに使われているバッテリーですが、充電を繰り返すたびに劣化していきます。劣化すると最大の充電量が減っていきます。

スマホは毎日充電するものなので、バッテリーの劣化が早いです。数年前のスマホであれば、2年くらいつかい続けると電池が1日もたなくなり、買い換えざるをえない状況でした。

しかし最近のスマホは、バッテリー性能が改善されたため3~4年は使えます

それを踏まえてですが、コスパ良くスマホを運用するコツとしては、以下です

  • 同じ機種を3~4年使う
  • 買うときはなるべく安く

「3~4年使う」という点は、普段通りにつかっていれば大丈夫です。

2つめのポイント「安く買う」にはコツがあります

これから、そのやり方をシェアします。

大手キャリア(Docomo、au、ソフトバンク)は高い

スマホ本体を大手キャリアで買っている人も多いと思いますが、はっきり言って「値段が高い」です。

契約とセットになっており「プランとの組み合わせで割引」されたり、「2年で返却すれば実質○円」、なーんてうたい文句で、一見お得に見えるけれど騙されてはいけません

「物事を複雑にして事実を見えなくする」という、巧妙なまやかしです。

「よくわからないから」、「面倒くさいから」なんて思ったら相手の思うつぼです。

今まで価格競争してこなかった「殿様商売」的なやり口なので、われわれ消費者も、賢く対処したいところです。

ここは踏ん張りどころ。ちょっと「手間」でも頑張りましょう。

浮いたお金で海外旅行に行くなり、美味しいご飯を食べるなりしてください。貯金に回してもいいかもしれません。

おすすめのスマホの買い方

ぼくがおすすめするスマホの買い方は、中古ショップで買う方法です。

大手キャリアと違って、スマホ本体だけの販売になるので、価格はとても「シンプル」でそして「安い」です

【ちょっと補足】スマホ機種の選び方

ちなみに、どの機種にしたらいいかは「何をしたいか」で考えるといいです。

「風景や家族の写真をキレイに撮りたい」というのであれば、カメラ性能の良いモデルを、「快適にゲームをしたい」のであればCPUやメモリの性能が高いものを選ぶべきでしょう。


DXOMARK(海外のサイト:英語)
https://www.dxomark.com/rankings/

カメラの性能を調べるにはDXOMARKというサイトが有名で、機種ごとに点数で評価されていて、ランキング形式でみることができます。

ランキング上位の多くはハイエンドの中華スマホ、もしくはiPhoneです。トップグループからは後れを取りますが、Galaxy Sシリーズも評判いいです。


ANTUTU(海外のサイト:英語)
https://www.antutu.com/en/ranking/rank1.htm

ゲーム向けにスペックが良いスマホが欲しいのであれば、ANTUTUベンチマークが有名です。ANTUTUのサイトに各機種のベンチマークのスコアが載っており、ランキング形式になっています。

ここでもハイエンド中華スマホが強いですね。Galaxy Sシリーズも上位に食い込んでいます。

個人的には、日本のスマホがほとんど載っていなくてトホホ・・・という感じです。

サイズや重さで選ぶという手もありますね。これは各社のサイトなどでスペック・仕様を見ると書いてあります。

もし上記のようなこだわりがないのであれば、ミドルクラス(4~6万円)の機種をおすすめします。

避けたいのは定価で2万円~3万円の安いスマホです。性能や安全の観点からやめておいた方がいいです。

”最新”か”型落ち”のどちらがいいか

機種を選定するときに「最新モデルを買う」べきか、「型落ちのモデルを買う」べきかで悩むかも知れません。

ぼくがおすすめするのは「最新モデルを買う」です。

理由は、先ほども書いたとおりバッテリーの劣化問題があるためです。

新しい機種であれば問題ないですが、数年前に発売された型落ちのモデルだと、状態の良いものが手に入りづらいです。ということは、入手した時点からバッテリーの劣化が進んでいる可能性が高く、2年もつかな?という感じです。

型落ちのモデルの方が安く手に入りますが、「購入する価格をつかう期間で割る」と新品を買った場合と比較してコストに差はありません。

であるならば、最新の性能の良い機種を使った方が気持ちよく使えます。何年もつかうものだし。

あと新しい機種であれば、数年後にメルカリでそこそこの値段で売れます

なお、型落ちのモデルにする場合は、せめて1世代前くらいのモデルにしましょう。状態の良いものなら問題ないです。

狙い目のスマホ

ぼくがGalaxy S21を買った中古ショップ「イオシス」を見てみましょう。

というか、中古スマホサイトの中では「イオシス」を一押しします

安くて、質が良くて、保証もちゃんとしているからね。

中古スマホ・タブレット販売の【イオシス】|けっこう安い。

ここで狙い目なのは、以下の条件にあてはまる機種です。

  1. 大手キャリア(Docomo、au、ソフトバンク)から発売された機種
  2. SIMロック解除済み
  3. ランクB以上
  4. 最新モデル(もしくは1世代型落ちのモデル)

①大手キャリアの機種で②SIMロック解除済み

①と②に関してですが、大手キャリア(Docomo、au、ソフトバンク)から発売されたモデルで、かつSIMロック解除済みであれば、同じ回線系列の格安SIM会社が利用できます

それ以外の機種で、単に「SIMフリー」となっているやつは上級者向けなので、慣れていない人は避けましょう。(どの携帯会社で使えるのかの確認が難しいです。)

【参考】格安SIM会社の回線系列

例:ドコモが販売している機種であれば、ドコモ系列の格安SIM会社で使えます。

Galaxy S21 5G(ドコモモデル:SC-51B)は、Biglobe Mobile(タイプD)で契約すればつかえる。

本体の発売元と、回線の系列が同じであればだいたいは使えるのですが、予め対応状況は格安SIM会社のサイトで確認しておきましょう。

もし公式サイトの対応機種リストになくても、検索すると実際につかっているユーザが「使えるよ」というレポートが見つかったりするので調べてみると良いです。


ドコモ系回線の格安SIM

  • BIGLOBE mobile(タイプD)
  • イオンモバイル(ドコモ回線)
  • IIJmio(タイプD)
  • OCNモバイルONE
  • mineo(Dプラン)
  • y.u mobile
  • QTmobile(Dタイプ)
  • LINEMO


au回線の格安SIM

  • UQ mobile
  • mineo(Aプラン)
  • BIGLOBE mobile(タイプA)
  • イオンモバイル(au回線)
  • IIJmio(タイプA)
  • y.u mobile
  • QTmobile(Aタイプ)
  • LINEMO


ソフトバンク回線の格安SIM

  • ワイモバイル
  • y.u mobile
  • QTmobile(Sタイプ)
  • mineo(Sプラン)
  • LINEMO

③ランクB以上

商品ランクについては「ランクA」がおすすめです。新品とほぼ変わりません

以下はイオシスの説明です。

「多少、傷があっても安い方がいい」というのであれば「ランクB」で大丈夫です。

ちなみに「ランクC」は画面にヒビが入っていたりで、実際の使用に影響してくるので止めておきましょう。

④最新モデル(もしくは1世代型落ちのモデル)

さきほど説明した、バッテリー劣化の少ない新しいものにしましょう。

知っておくべき注意点:「赤ロム」と「赤ロム保証」

1点だけ、中古スマホショップで買う場合の注意点です。

それは「赤ロム」です。(「ネットワーク制限」とも言う)

SIMの状態をさすのですが、「赤ロム」状態になると、通信規制がかかってスマホ自体が使えなくなります。(SIMを変えてもダメです。)

どういうときに「赤ロム」になるのかというと、「前の持ち主が分割で購入したにもかかわらず支払いがされなかった」場合や、「犯罪に使われた可能性がある」場合です。

はっきりいってレアケースだと思います。ぼくは何度かイオシスを利用していますが、「赤ロム」当たったことはありません。とはいえ、万が一にも「赤ロム」になったらアウトです。

でも安心してください。「イオシス」の場合、「赤ロム保証」というのがあり、無期限で保証してくれるので大丈夫です。赤ロムになったら交換か返金してくれます。

怪しいところで中古スマホは買うなという話です。

ちなみに、同じような中古スマホショップで「ムスビー」というサイトがあります。

ぼくは以前利用したことありますが、「ムスビー」はスマホ売買を仲介するプラットフォームであり、売主が商品ごと異なるため、保障面もバラバラです。なのでおすすめしません。

その点に関していえば、イオシスはちゃんとした企業が相手なので安心して取引ができます。

中古スマホショップでの買い方のコツとしては以上です。

補足ばかりですみません。あともう一つ補足させてください。

メルカリやラクマなどのフリマアプリで買うのはおすすめしません。

理由は「一般の個人との取引」なので、トラブっても何の保証もないことです。届いた商品が説明と違ったり、後から赤ロムになっても保証は一切ありません。自己責任とわりきれるほど安い買い物ではないので、避けた方がいいです。

まとめ

安くスマホ本体を買う方法の復習になります。

  • 中古スマホショップを利用すると良い。
  • イオシスで買うのがおすすめ
  • 狙い目のスマホは、
    • Docomo、au、ソフトバンクから発売された機種
    • SIMロック解除済み
    • ランクB以上
    • 最新モデル(もしくは1世代型落ちのモデル)

覚えてもらえましたか?

今日はここまでです。はばぐっでい。

イオシスは↓こちら↓からどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA